キャリーケースの鍵紛失も素早く親切な対応で一安心
鍵紛失しててもキャリーケースが開けられる?~難しい場合もある~
どこも同じ鍵開けをしている訳じゃない~対応を調べて依頼する~
鍵紛失を防ぐための方法~失敗から学びましょう~

もうしたくないキャリーケースの鍵紛失~対策方法を考える~

キャリーケースの鍵を無くさないための対策

業者に依頼すると短時間で鍵開けをしてもらえますが、それでも鍵紛失をしないに越したことはありません。再びキャリーケースの鍵紛失をしてしまわないように対策を行ないましょう。そこで、効果的な方法をいくつか紹介します。

これから鍵紛失しないためにしておきたい2つの対策

対策その1【ストラップを付ける】
旅行で持ち歩くカバンにストラップでキャリーケースの鍵を固定すると鍵紛失を防ぐことが可能です。カバンにぶら下げるのが不安な人は、鈴のついたものや大きく見つけやすいストラップをつけると落としてしまってもすぐ気付くことができます。
対策その2【合鍵を作っておく】
1つしかないキャリーケースの鍵紛失をした場合、中身が取り出せずに困ってしまいます。鍵紛失をしてもすぐに開けられるように合鍵の作成をしておきましょう。このとき注意するポイントは、誰かに鍵を盗られないよう必要以上に作らないということです。

今すぐに鍵を開けないといけない場合の対処

業者は短時間で鍵開けの対応をしてくれますが、選んでいる時間や業者を待つ時間もない場合があります。そうした場合の最終手段として壊して開ける方法があります。どうやって開けるのか具体的に見てきましょう。


キャリーケースの鍵紛失トラブルの最中、どうしてもすぐにケースの中身が必要になった場合どうすればいいですか?
少し強引な方法にはなりますが、ドライバーでこじあけるという方法があります。ハードタイプのキャリーケースは頑丈な造りになっているため一見簡単には開かないように見えます。しかし、マイナスドライバーを使うことでキャリーケースを壊して開けることが可能です。まず、キャリーケースの開く部分が上にくるようにして置きます。次に、リフトレバー部分にマイナスドライバーを差し込みます。その後、マイナスドライバーに体重をかけて倒すことでテコの原理によってキャリーケースが開きます。

TOPボタン